店長の想い

川魚を世に広めたい

自然と共に育ってきた

自然と触れ合う事が好きで、子供の頃から釣りをしたり、夏に海に潜って魚を捕ったり、そうやって自然と共に遊んできました。自然と共に過ごした時間はとても学び多き時間でもあります。

また、単純に魚の生態が好きっていうのもあります。それは魚釣りであったり、観賞魚を飼育してみたり。
身近で観察していると不思議がいっぱいなんですね。

大人になってから渓流釣りを始めて釣ってきた魚を食べてみると、これがまた美味しいんです。
自分で釣り上げたからという事も味の調味料になっているかもしれませんね。

魚には不思議がいっぱい

鮭(サケ)が外洋で長旅をして、生まれ故郷の河川に戻ったりとか、ウナギは海のある場所でしか産卵しない噂であったりとか。そういう不思議な魚が好きで、家に帰れば部屋で水槽の魚を観察したり、川や海で魚を捕まえてきて観察してみたり。部屋中に水槽を置いて、ある日水槽のガラスを割ってしまって水浸しにした思い出もあります・・。

生態を調べてみたり、観察してみたり、釣って食べてみたりする事で、今でも新しい発見が見つかります。

「魚」と聞いてなにを思い浮かべますか?

大半の方が「海の魚」をお答えになるんですね。
一般的な魚といえば、スーパーの鮮魚コーナーに並んでいる見る機会の多い魚ではないでしょうか。

「川魚」でしたら鰻(うなぎ)や鮎(アユ)、ワカサギとかニジマスくらいではないでしょうか?

川魚を通して伝えたい事

川の魚で美味しくて食べれる魚って、実は他にもたくさんいるんです。

地方でしか食べられていないような変わった魚を紹介したり、海の魚ばかりじゃなくて、他にもこんなに美味しい魚がいるんだよって伝える事によって、皆さんに食べて頂くのが1つの目標です。