店長からのお知らせ 【お知らせ】
お盆休み期間中も休まず営業いたします。

イワナ

岩魚について

岩魚とはその名の通り、岩陰にひそんで昆虫や小魚を捕食する魚のことです。岩の間に住む魚という意味から岩に魚と書いて「イワナ」と名付けられました。

よく比較されるのは「山女魚」という魚ですが、「ヤマメ」はその名の通り山の女王にふさわしく、美しい流線型の模様と、パーマークが特徴的な美しい渓流魚です。

反対に、貫禄にあふれているのが渓流の王様「岩魚」です。体側に広がる斑点模様それに、大迫力の顔つきであり、大食漢であることが特徴の男らしい魚です。

山女魚は、比較的小型ですが、岩魚は60〜70cmもの大きさまで成長を遂げることでも知られています。なんと、大きいものでは80cm以上にまで成長する規格外の魚といえます。

しかし、すごいのは、大食漢や規格外といったことだけではありません。
岩魚は「歩く魚」とも呼ばれています。水中から出てきたと思えば、ムクムクっと岩の上を歩き、ポチャンと水面に戻る様子は、渓流に何度も足を運ぶ釣り人でも、なかなかお目にかかれませんが、多くの目撃者証言から、岩魚は多少なりとも歩くこともできるようです。 このようにとてもユニークな岩魚ですが、東京を中心に外食・小売業界では一般的に「イワナ」と呼ばれておりますが、就労世代の料理離れや魚離れなどからごく一部でしか出回っておりません。そしてなにより、残念ながら東京の河川では林道工事や大気汚染、住宅地の拡大などによりその姿を見ることは少なくなってきました。空気がおいしくて、大きな生活音の聞こえないような場所、山の緑や川の青、つまり自然の形が残った穏やかな渓流でしか岩魚は生きていくことができません。日本国内であれば、まだまだ岩魚が生きていける場所はたくさんあり、人と共存しながら生きている岩魚の姿を確認することができます。地方によって、岩魚の呼び方はさまざまです。北海道では「アメマス」中国地方の日本海側では「ゴギ」さらに栃木県や滋賀県では「イモナ」または「イモウオ」と呼ばれています。(北海道の「アメマス」は岩魚でないという考え方をはじめ、学者によって混合種の存在について様々な見解が別れるところです)

調理法としては、塩焼きが最も美味しい食べ方として古くから日本で親しまれており、渓流のある山間部の観光地などでは、串刺しにした岩魚を炭火で塩焼きにして販売する様子を観光名物としてよく見かけます。他には寿司、フライ、ムニエル、甘露煮、野菜あんかけ、骨酒といったように、和洋中のアレンジが効く万能な魚、それが岩魚です。

生態系について

岩魚は冷たい水を好みます。正確に言うと、水温15℃以下で、水量も安定しているところでないと生きていけません。日本で生息する岩魚のほとんどが、いわゆる渓流と呼ばれる河川の最上流の冷水域に生息しています。東京では奥多摩地方、標高300mの上流の冷水域に生息しています。

また、山女魚と岩魚それぞれ渓流魚ですが、岩魚のほうが、やや冷水を好むことで知られています。どちらの魚も上流の冷水域を占有しますが、同じ川に両者が生息している場合には、最上流に岩魚、上流域のある地域を境にそれより下流域を山女魚といったように棲み分けをしています。東京では、標高の低いところでは山女魚と混棲しています。標高700m以上のところでは岩魚だけとなります。その為、岩魚が住む水の中は水温が非常に低い為、岩魚の餌になるものは限られた僅かとなります。しかしながら、岩魚は大食漢ですので、ありとあらゆるものを根こそぎ食べる性質を持っています。

例えば、カゲロウ、トビゲラ、カワゲラなどの幼虫を好んで食べます。陸上のものでは、誤って木から落ちた昆虫、セミやバッタ、トンボや羽根アリなんかも反射的に口に入れてしまいます。大型の岩魚になると、カエルやサンショウウオなども口を大きく開けて食べてしまいます。さらに、特大の岩魚になると、川ねずみやヘビを丸ごと飲み込んでしまうなんて話もあります。そうです、岩魚は、水中の藻や苔などには、関心の向かない肉食性の魚なのです。

とある調査によると、渓流に住む岩魚の胃の内容物は、約50%をトンボなどの羽根がついた昆虫で占めていて、次にイナゴ、アリなどで約20%、残りを数種類にわたる幼虫で占めているという結果が出ております。

では、動きのある生物を餌としている岩魚ですが、一体どのように餌となる生物を捕獲しているのでしょうか。答えは「待ち構え」です。いかつくて、男らしい見かけとはうって変わって、女性らしい戦略的な受け身の作戦です。

岩魚は流れの中で、上流方面に頭を向けて、しばらく流されないようにして動きません。こうやって定位しながら、上流から流れてくる餌をしばらく待ち構えているのです。

もし、岩魚に声があるとすれば「なんかおいしいものが、上流から流れてこないかな〜昆虫がいいな、幼虫でもいいや、とりあえず口に放り込もっ」といったところでしょうか。

また、岩魚はとても臆病です。1度でも人影を見たら、見えないところに隠れてしまいます。岩蔭で震えているのでしょうか。しばらくしたら顔を出すと思いきや、なんと人影を見たその日はもう姿を見せないとも言われています。

ただ、臆病なだけではありません。岩魚は、とても広い視野を持っています。元サッカー日本代表の中田英寿選手は、ピッチ全体を見回したような、広い視野を持っていると評価され世界で活躍しました。対戦相手チームの選手から「ナカタは前にも後ろにも目がついているようだ」と言われていましたね。そう、イワナの目も同じなんです。ナカタと同じでイワナも、前も後ろも見ることができるのです。

同時に、嗅覚が犬並に鋭く、雨上がりで濁った川の中でさえも、お目当ての餌を探し当てるというから驚いてしまいます。

このような渓流魚の特性を理解し、応用したのが、いまだに根強い人気のルアーフィッシングです。ルアーを、昆虫や幼虫に見立てて、水中で動きをつけながら魚を誘う釣りのことです。目当ての魚の生態系を考えながら自分で作った仕掛けを使って、水中から引っ張り出す繊細でダイナミックな釣りに子供から大人まで夢中になっています。もちろん、岩魚に存在をバレないように静かに、静かに川を上っていきます。
岩魚は、このルアーフィッシングの対象魚としても、人気の魚です。

イワナとの付き合い方

最近では、キャッチ&リリース(魚を釣ったらすぐに海に返してあげる)といった釣り人の意識変革や、養殖魚の放流や、クリーン作戦と称した河川のゴミ拾いなどのボランティアによる環境維持活動によって、岩魚の姿をたくさん見ることができるようになってきました。 「ユニークで、大食漢で、デリケートで」なんだか、つかみどころがなく、つかんでもつかんでもその姿同様にゅる!っと、逃げ出してしまいそうな岩魚。神秘的な存在として、生態系の上位にいて遠くに感じてしまいがちな岩魚ですが、そんなことはありません。

実は、山村の住民域と、岩魚分布域がほぼ同じであることがわかりました。確かに、いくら文明が進化しても、岩魚は絶滅していないし、あらゆる川魚の中では、食材として比較的身近な存在であるといえます。つまり、放流したり移植したり、はたまた逃げたり、追いかけたりしながら、昔から我々の生活と文化的に密接に関わっていてる魚なのです。岩魚がいるから、アウトドアを通じて、自然の素晴らしさや自然のありがたさ、恐ろしさを知ることができるんだ。岩魚がいるから、美味しい水で作る日本酒を飲むことができるんだ。なるほど、そんなことを考えていたらお腹が空いてきました。 「日本酒にはやっぱ、焼き魚でしょう」ってな感じで、今夜も、これからも岩魚とお付き合いしていこうと考える夏の日、でした。