店長からのお知らせ 新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

アマゴ

アマゴについて

アマゴを知っている人は一体どれくらいいるでしょうか。日本の渓流魚で有名な魚といえば、鮎や岩魚それに虹鱒といったところです。あとは、ヤマメでしょうか。これらは、日本の渓流釣りにおける対象魚としても、バーベキューやお祭りや地方で食べる焼き魚としても認知が広がっております。日本固有の魚として、日本人の中でも特に高齢の方の認知度は高いのではないでしょうか。

しかし、アマゴはとなると、こちらはほとんどの方が知りません。馴染みになるきっかけとなり得るスーパーマーケットの鮮魚コーナーでも、地方を除いて、売り場にアマゴが並ぶことはまずあり得ません。はたまたヤマメは知っているけれど、アマゴは知りませんという方もいらっしゃるかもしれません。

アマゴとヤマメの区別は非常に難しいです。ぱっと見た感じでは、素人目だとアマゴ?ヤマメ?と困惑してしまうことでしょう。ヤマメとアマゴの違いについては、外見的な部分では朱点のある・なしで区別します。アマゴは体側に鮮やかな朱色の小さな斑点が散りばめられています。

では、ヤマメとアマゴは別種なのでしょうか。答えは非常に難しく、学者によって見解が異なります。あらゆる図鑑を並べてみてみると、この両者を別種として扱うものと、同一種の中の亜種として扱うものとで分かれます。ヤマメとアマゴが別種であるか亜種であるかは、釣り人や料理人、また焼き魚愛好者にとってはたいした問題ではありません。ただ、アマゴとヤマメの両者が、共通の祖先が進化していくなかで、別々の進化を辿り、その後それぞれ別の生き方をしていき、2つのグループに分かれたということはアマゴを知る上で欠かせない事といえます。なんだか、我々が猿から進化したといわれる歴史、進化論に似ていますね。

このアマゴ、名前の由来についても見解が別れている不思議ちゃんです。アマゴの「アマ」が「甘」か「雨」で見解が別れています。甘いと書いて甘子は、甘いという語源が美味いに当たるので美味い魚というのが由来という説が一つ。たしかに、アマゴは美味しいですもんね。もう一つが、雨の後に釣れはじめるからという由来の説です。釣り人であれば思わず納得しちゃいますね。また、地方によってその呼び方は様々で、「アメ」「アマゴウオ」「アマノウオ」などと呼ばれることもあります。さらにアマゴには「天魚」の文字が当てられることもあります。これは天は昔から雨に繋がるものがあるからと言われております。こう考えみると、雨の子供や雨の後に泳ぐイメージのほうがしっくり来るので、「甘」でなく「雨」である気がしてなりませんが、とにかく神秘的な性格を持つ者が多い渓流魚、アマゴもまた謎を謎のまま残しながら生きている魚であるといえます。

生態系について

アマゴは、他のサケ・マス類同様「冷水魚」であるといわれます。その為、川の下流に住むコイやフナ、ウナギなどの「温水魚」とはまったく異なった場所に住んでいます。一般的に、前者は20℃以下、後者は20℃以上の範囲にあるものを呼んでいます。魚は周囲の水温の上下に従い、体温調節をする変温動物なので、水温が高すぎると活動が不活発になります。その基準が20℃といわれています。アマゴがよく餌を食べる活発的に生きる水温が15〜18℃です。したがって、20℃を超えると餌を食べなくなります。その為、夏の水温に渓流魚はうまく適応できません。とてもデリケートな魚です。しかしながら、夏の高温時にはヤマメよりアマゴのほうが活発に餌を食べるといわれています。

これはヤマメとアマゴの分布域の違いにあります。ヤマメは太平洋側では北海道から神奈川あたりまで、日本海については北海道から九州の範囲で住んでいます。アマゴについては、神奈川の太平洋側と瀬戸内海に面した中国地方と九州、それに四国全域に住んでいます。つまり、はっきりと区分けすることはできませんが、ヤマメより南に生息するアマゴのほうが、高温に慣れているので多少は順応できるといったところでしょうか。

それでは、アマゴが活発に餌を求める時に一体どんなものを食べているのでしょうか。まずは、釣り人なら当たり前のように知っている川虫です。正確にいえば、水生昆虫のことです。その他、ミミズや羽のある虫、ヘビやカエルも食べるといわれています。アマゴは、動物性の餌しか食べません。完全に肉食系であると言えるでしょう。草食系男子と言われている日本の若い男性に見習ってもらいたいものです。

また、アマゴが自分で餌を食べはじめるのが3cmぐらいからですので、初めのうちは小型のユスリカなどしか食べることしかできません。成長するにつれて、カゲロウ、クモ、コガネムシ、ハチ、ムカデなどといったようにより大型のものと体格の拡大につれてステップアップしていきます。

3cmくらいのアマゴは最初は群れで生活します。次第に自分の縄張りを持つようになり、単独行動をするようになります。1歳くらいの時には、体格は10cm以上になるものとそれ以下のものとに分かれます。これは、住む場所や、食べてきたものによっての違いからです。2歳くらいになると大川のアマゴは20cm以上になります。そして3歳にもなると雄も雌もほとんどのアマゴは成熟します。4年も生きるものはほとんどといっていないそうです。つまりアマゴの寿命は3〜4年といったところでしょうか。

しかし、人間と同じようにいつ病気になるか、いつ事故に遭うか、アマゴもまた自然界で外敵にやられてしまい寿命を全うできないものもいます。まずは、生まれる前の段階、つまり卵の段階でカジカやウグイなどにその命を狙われてしまいます。次に稚魚の段階、まだ群れの中にいる段階でアマゴと同じような肉食系の魚にその命を狙われてしまいます。そして、成魚の段階、もう安心と思っても大型のウナギやイワナなどにその命を狙われてしまいます。あとは、野生動物のカラスやヤマセミなどの鳥。あるいは、イタチなどにも命を狙われてしまいます。このように考えると、あらゆる難関をくぐってきたエリートのようなアマゴを食べることができる人間は本当に幸せですね。

アマゴを食すということ

アマゴを食べたくなるシーンは人それぞれあります。昔ながらの甘露煮、皆でわいわいガヤガヤとバーベキューのお供に串焼き、家庭で簡単に魚焼きグリルで、はたまた素揚げにしてさっぱりとしたタレで。このように、渓流魚の食べ方、アマゴの食べ方は多義に渡ります。料理が美味しいという目先の味だけでなく、楽しんだり、笑ったり、感じたり、考えたりと、生活に色合いを持つことができます。まるで鮮やかなアマゴの焦点のように。

いま、若い人を中心に料理離れが進んでいるのと同時に魚離れが進んでおります。海の魚よりも、渓流魚のほうが、スーパーに並ぶことは少ないですからより深刻です。私はたまたま釣りが趣味で、多くの渓流魚と触れ合うことができました。きっかけは、幼い頃に祖父に教えてもらった渓流釣りです。大人になったいま、仕事のスケジュール等でなかなか昔のように釣りに出掛けられなくなりましたが、釣りに行かなくともせめて渓流魚の顔を見たい、アマゴの美しい焦点が見たい、食べることで自然を感じたいと切に思います。味だけでなく、価値を感じてほしい。そして、皆さんに知ってほしいと釣り人の立場から強く思います。

そんな私がはまっているアマゴの食べ方は、テーマを「水」として食卓を演出しながら食べることです。例えば、新鮮なお水で作ったそば。それに透き通った水で育った生わさびを添えて。さらに綺麗な水を使って新鮮な野菜を使った煮物。さらにさらに、なんといっても、最高の水で育ったアマゴの塩焼き。んー。そして日本酒です。日本酒!地酒!アマゴ!わたしたち人間にとって大切な水で作り上げた食卓。
ああ日本人でよかった!最高です。